韓国企業 求人

韓国企業に転職するには、韓国は、2011年、現在の名目GDP世界第15位アジアでは日本、中国、インドに次ぐ4位の経済大国となります。

 

最近では、エレクトロニクス、自動車、ハイテクノロジーといった日本がかつて得意としていたもので韓国企業がグローバルシェアを高めていきます。
韓国は人口が約4900万人と日本の半分くらい、内需も限界があります。
天然資源にも乏しく必然的に概要に依存せざる得ない経済体質の為政府が主導となって韓国企業の国際戦力を高める取り組みを続けてきました。

 

最近では、Kポップなどのコンテンツ、音楽産業にも力を入れています。
韓国企業の特長は、内需より、マーケットの加工貿易が主軸です。
一部の財閥企業がグローバル企業として経済を牽引しています。
エレクトロニクス、自動車造船などが強み現在では、サムスングループ、LG電子、現代など一部の財閥企業がグローバル企業としてシェアを得ています。

 

韓国企業は、日本企業よりもコスト戦力があります。
品質面では日本勢と同じように優れた製品を提供することでシェアを拡大し、企業のブランドイメージも向上しています。

 

韓国企業の代表は、サムスン電子、サムスン電機、サムスンSDI、
LGエレクトロニクス、LG化学、現代自動車、起亜自動車、現代モータース、現代重化学などです。
どの企業も日本で求人情報が出るとすぐ応募があるほど、人気の韓国企業です。

 

サムスングループは韓国最大の財閥企業です。
家電メーカーであり、社員は19万人、韓国最大の企業として、
2012年フォーチュングローバル500では世界企業ランキング20位にも選ばれました。
サムスングループの経済の状態は韓国の経済状態といっていいくらい影響力があります。

 

日本も日本サムスンを展開しています。
LGグループは韓国財閥で、中核企業として、韓国電機業界でサムスンに次ぐ大企業です。
LGエレクトロニクスは世界110拠点に展開しているグローバルな企業で全体の売上世界シェア3位、
携帯電話市場でも世界シェア3位となっています。日立製作所との部門合併をしています。
日本サムスンの求人は幾つかの転職サイトでも見られます。

 

現代自動車グループの乗用車、トラック、バスなど、すべての車両の世界規模生産台数は世界第6位、
アジアの自動車メーカーはトヨタにつぐ規模となっています。
その為現代自動車グループの求人も、公開されてすぐに埋まってしまうほど人気です。

 

自動車を中心として、自動車の部品や、鉄鋼、重工業、物流、建設とさまざまな事業をてがけています。
韓国企業に転職するメリットは、グローバルサプライチェーンの中で仕事ができる。

 

スピード感あるビジネス環境の中で仕事ができます。福利厚生がしっかりとしています。
韓国のトップ企業はダイナミックなグローバルサプライチェーンのなかで仕事ができ、規模の大きさを魅力に感じるひとも多いです。
韓国企業で働く場合のデメリットは、韓国語、韓国の文化がわからないと仕事がしずらい。
韓国語、韓国の文化がわからないと、いくらいい求人が出ていても、働くのは大変かもしれません。

 

年功序列で給料が上がらないこともある。
韓国本社の命令は絶対であるなどです。
韓国企業で働くには求人の募集について、韓国ができるかどうかが関わってきます。

 

同企業において業務経験に加え、韓国が好きで、韓国語を話すことができれば、営業職、
マーケティングなど、日本法人における採用の門戸は幅広く開いているでしょう。

 

転職を考える場合、グローバル多国籍企業への転職と考えた方がいいでしょう。
企業で求められる語学力、営業職では、韓国語が求められるケースが多くなります。

 

ただ、入社後に韓国語研修をする会社もあります。
韓国の大手企業は日本の一部上場企業と同じ程度か、それ以上の給料がもらえます。

 

20代では400万円から600万円30代では600万円から900万円といったイメージです。
マネジメント層は1000万円も珍しくありません。
大手、韓国企業は待遇面で比較的いい環境で働けるところが多いようです。
以上の事を考慮し、韓国企業の求人情報を探してみて下さい。